青梅市の内科、下奥多摩医院 高血圧や糖尿病を診療します

下奥多摩医院
ご予約・お問い合わせ 無料通話.0066-98010-149885

〒198-0052 東京都青梅市長淵4-376-1

糖尿病専門外来について

糖尿病の患者は非常に多く、日本では糖尿患者さんは約600万人、糖尿病の可能性が否定できない人は約2000万人いると報告されております。

糖尿病の合併症として代表的には①神経(手足のしびれなど)、②目(進行すると失明)、③腎臓(進行すると透析)が挙げられます。糖尿病の初期段階では症状がない方が多く進行してから見つかるケースが多いです。高血糖状態が続くと全身の血管がボロボロになるので、動脈硬化が進みます。動脈硬化が進むと、心筋梗塞(心臓)・脳梗塞(頭)・頸動脈狭窄(くびの血管)・閉塞性動脈硬化症(足の血管)など合併症が生じます。進行した糖尿病の患者さんの多くが神経障害に合併しているため感覚が鈍くなり、痛みを感じなくなったりします。そうすると、心筋梗塞や足の壊死を発症していても気づくことが遅れ、重篤化してしますことがあります。

糖尿病の早期発見、早期治療はとても重要で専門医による治療を受けるか受けないかで大きく、その後の生活の質が違います。

糖尿病あるいは、その疑い(予備軍)と言われた方、糖尿病のリスクがある方(※詳しくは血糖異常を指摘された方へをご覧ください)は、是非一度、糖尿病専門医の診察をお受けください。お待ちしております。入院が必要な患者さんは速やかに提携病院にご紹介いたします。

当院には循環器科・腎臓内科医師がおり、糖尿病の合併症予防を含めてトータルでサポートいたします。個別栄養指導も行っており、内服薬を用いない治療にも力を入れております。

その他、当院では持続グルコースモニタリング(CGM)という、皮下に刺した細かいセンサーにより1日の血糖変動を知ることが出来る医療機器を用いて細かく血糖コントロールを行うことも可能です(2週間程度装着でき、その間運動もでき、シャワーやお風呂にも入れます)。食後高血糖や今の治療法が上手くいっているかどうかを見ることができるだけでなく、現在インスリン治療中の方や低血糖が心配な方などに最適です。

患者さんに最適の医療を提供し、地域の皆様に貢献したいと思っております。どうぞ宜しくお願いたします。